Last update: 2013-01-07 (月) 11:36:31

TX100S3メモ


TX100S3メモ

2012年12月に玄箱が壊れたので、FUJITSU PRIMERGY TX100 S3を購入してCentOS 6.3をインストールした時のメモです。
基本的に上から順番に作業しました。
この通りにして同じような結果になるかどうかは保証できませんので悪しからず。

画面例について

変な位置で改行されることがあるので、出来るだけブラウザのウインドウを大きくして見てください。
プロポーショナルフォントでは枠の位置がずれるので、右側の枠線は削除しています。

前提条件

基本的に設定作業はtelnet/SSH接続して管理者(root)アカウントで行います。
コマンドプロンプトが#の箇所は必ず管理者権限で実行します。
コマンドプロンプトが$の箇所は一般ユーザ権限でも問題ありません。

設定作業を始める前は以下の手順でtelnet/SSH接続してrootアカウントでログインします。

  1. telnet/SSH接続 (telnet/SSH接続?参照のこと)
  2. rootアカウントでログイン (管理者アカウント切替?参照のこと)

なお、rootアカウントでログインせずに各コマンドの前にsudoを付けることでも管理者権限で実行できます。
ex) sudo aptitude update[ENTER]
以下の設定メモでは明記しない限りrootアカウントでログインしたものとして記載しています。

設定作業が終わったら以下の手順でtelnet/SSHを終了します。

  1. rootアカウントからログアウト (管理者アカウント終了?参照のこと)
  2. telnet/SSH切断 (telnet/SSH切断?参照のこと)

TX100S3 CentOS設定メモ

TX100S3 CentOS設定メモ(Apache2関連)

TX100S3 CentOS設定メモ(Subversion関連)

TX100S3 CentOS設定メモ(Samba関連)

TX100S3 CentOS設定メモ(仕上げ)

TX100S3 CentOS姫メモ


コメント

コメントはありません。 コメント/TX100S3メモ?

お名前: